Loading...

官民連携まちなか再生プロジェクト

\みんなでつくろう!/甲府まちなかの未来

あなたが見たい甲府のまちなかの未来とは?

【クラフトツーリズム】手仕事文化の体験/継承をツーリズムとして対外訴求

【クラフトツーリズム】手仕事文化の体験/継承をツーリズムとして対外訴求


コメント

ログインすると
意見募集の回答ができます

SNSアカウントで登録する

会員登録済みの方

T_kiku

2024-02-27

「手仕事文化を次世代につないでいく」プロジェクトと連動していると思いますし、これまでワインツーリズムやジュエリーツーリズムなど「オープンファクトリー」系のツーリズムをやってきましたが、「まちなか」に限定したプロジェクトに仕立てる必要があるか、という点が気になりました。(特にジュエリー系の工房は南甲府エリアに集積していると思われるため) それ以外の「手仕事」を対象としているならばどのようなコンテンツが考えられるか、もう少し例示をしてもらいたいと思いました。

ObinaDave

2024-02-29

甲府市は、都会の人たちや海外から日本を訪れる外国人にとって、魅力的な街になると強く感じています。食体験やクラフトビールなどの飲み体験だけを目的に訪れる人も多いかもしれません。私は甲府市の山間部の尾比奈集落で醸造所を営んでいます。すでに秋の酒蔵見学を行っていますが、このような観光は一年中できますね。クラフトビールの場合、人々は手作りビールの試飲だけでなく、ビールがどこでどのように作られるのかを見るために集まります。地元産の食材を使用しているため、季節のツアーにはホップ、ハーブ、フルーツの収穫、ビールづくりの体験ツアー、ビール愛好家を甲府市内の 3 ~ 4 軒のクラフトビール販売店に連れて行き、さまざまな新しい味と体験を求めるビール試飲ツアーが含まれます。このアイデアは新しいものではありません...私はサンフランシスコ出身で、サンフランシスコやヨーロッパ、東南アジアでそれがうまく実装されているのを見てきました。

お知らせを受け取る

このプロジェクトに関するお知らせを受け取ることができます。イベント情報やプロジェクトの進捗などをお知らせします。

プロジェクトマップ

プロジェクトマップ

1

新たに立ち上がった「甲府まちなかエリアプラットフォーム」の取り組みをご紹介します

まちなかの将来像と今後のアクションについて、皆さんが感じていることを教えてください

令和5年度末時点のビジョン案を共有し、皆さんの声も踏まえて以降の検討につなげます

まちなかの魅力の定常化・日常化につながる取り組みを見極め、磨き込んでいきます

社会実験結果もビジョンに反映し、今後のまちの指針として皆さんと共有します

利用規約第4条第2項に基づき、「\みんなでつくろう!/甲府まちなかの未来」に参加いただいた皆様の個人情報は、本プロジェクトを運営する甲府市にも提供されます。

©︎ 2022 Groove Designs, Ltd.