Loading...

プロジェクトをフォローしている人

36人がフォロー中

このプロジェクトの概要

「公共空間ってどうやって使えばいいの?」「申請手続きやルールがわかりにくい」と思ったことはありませんか?甲府市では、道や公園などの公共空間を街の魅力アップのために活用することを目指しています。 そんな市民のみなさんの声を聞き、まちでチャレンジしたい人が、円滑に公共空間利活用の手続きや運営を行えるようにするための社会実験が『みち活チャレンジWEEK』です。(公共空間利活用円滑化のための社会実験)

このプロジェクトをフォローしませんか?

フォローすると最新情報を受け取ったり、活動に参加することができます。

このプロジェクトの背景

背景と課題

甲府市では、官民連携による公共空間活用を通じてまちの魅力化をはかっていくことを目指しています。しかし、甲府まちなかでは多様なイベントが開催されているものの、公共空間をさまざまな人が利活用する上で、利用条件のわかりにくさや、窓口の分散、手続きの煩雑さなどが課題として挙がっています。さまざまな人が公共空間でチャレンジし、同時にまちを魅力的にするためにのハードルとなっています。

オリオン通り写真.JPG

実現したい未来

公共空間を利活用する上でのわかりにくさ、手続きの煩雑さ等を改善し、さまざまな人がまちでチャレンジできるようになり、より魅力を感じる未来を目指しています。社会実験では、「甲府まちなかみち使いガイドブック」を作成し、実際に道路を活用した企画を募集・実施していただきます。(実施期間 2024年3月4日〜3月10日まで) さまざまな面で公共空間利活用を使いやすい環境にしていきたいと考えています。

オリオン通り未来画像.png

プロジェクトマップ

プロジェクトマップ

2024-02-08〜2024-02-19

オリオン通りを対象とした公共空間利活用のための社会実験「みち活チャレンジWEEK」の参加者を募集します! 本社会実験は、まちの空間である公共空間をより使いやすい環境にすることで、まちの魅力化を目指す実験的な取り組みです。 こんなことできるかな?と迷うことでも、まずは気軽にご相談ください。 関心のある方、参加してみたいという方は、「相談シート」に記入の上、甲府市地域デザイン課へご連絡ください。

2024-02-08〜2024-03-03

みち空間を使うためには、行政(甲府市、山梨県警等)への申請手続きが必要です。 「どこに、なにを申請したら良いの?」が分かりづらいという声から、本社会実験では、期間限定の『みち使いガイドブック』を作成しました。 ガイドブックを活用して、申請手続きにチャレンジしてみましょう!

2024-03-01〜2024-03-10

みち活に参加してくれる方々の企画をご紹介!それぞれの企画に応じて、実施日が異なりますのでぜひ内容をチェックしてみてくださいね。【社会実験実施日:3/4(月)〜3/10(日)】

社会実験の検証結果を公表します。

お知らせを受け取る

このプロジェクトに関するお知らせを受け取ることができます。イベント情報やプロジェクトの進捗などをお知らせします。

アンケート:みち活チャレンジWEEKへのあなたの関心はどれぐらいですか?

関心度を選ぶと、あなたに合ったプロジェクトの参加方法を知ることができます。

利用規約第4条第2項に基づき、「みち活チャレンジWEEK」に参加いただいた皆様の個人情報は、本取り組みを運営する甲府市にも提供されます。

©︎ 2022 Groove Designs, Ltd.